銀行のキャッシングサービスの特徴

一般的な個人にとって、銀行とは預金を預けたり引き出したりするのが主な役割でしょう。
他の金融機関への振込みなどもよく利用されます。
ですが、銀行にはキャッシングなどのサービスもあるのです。
銀行のキャッシングとは、近年CMなどでもよく見られるようになった
カードローンのことを指します。

銀行のキャッシングはクレジットカードなどを利用するときと非常に似ています。
コンビニATMを利用して現金を直接引き出すとこが出来ます。

銀行のキャッシングを初めて利用する場合、
申込書を提出して審査を受けることになります。
クレジットカードなどとの審査と少し違うのは、収入証明書が必要な点です。
借り入れに際しては、担保も必要ありません。

銀行のキャッシングは機能もクレジットカードとは違います。
商品の購入代金の立て替えという機能はありません。
言うなれば、立て替え機能がなく、
キャッシング機能のみのクレジットカードのようなものです。

銀行カードローンは低金利と限度額が高いのが特徴

クレジットカードや消費者金融のキャッシングと比較すると、
融資限度額の高さと金利の低さが特徴です。
銀行にもよりますが、基本が総量規制の対象外になるサービスであるため
最高1000万円まで融資可能なものもあります。
金利は低いものでは3%台前半です。
これは、住宅ローンの固定金利に匹敵する低さです。

総量規制の対象外

また、銀行のキャッシングのみの特徴として、
総量規制の影響を受けないというものがあります。
そのため、年収を超えて借り入れすることが可能になっている点は注意が必要です。

審査は厳しい傾向

ここまで書いてくると、良いことづくめの銀行キャッシングです。
こんなにメリットばかりなのであれば、クレジットカードや消費者金融での
キャッシングを選択する理由がなくなってしまいますね。

唯一、難点を挙げるとすればクレジットカードや消費者金融と比べて、審査が厳しい傾向にあるということです。
つまり、銀行で借りることができない場合の選択肢として、
クレジットカードや消費者金融などのキャッシングがあるといっても良いわけです。